スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
義足のポニー
2011 / 10 / 06 ( Thu )
世界選手権(2010ケンタッキー)の会場には競技馬以外にも様々な馬や様々な馬に関する団体などが来ていました。子供たちを乗馬に誘うポニークラブ、各種の馬と動物に関する福祉団体(馬のレスキューや馬の里親探しなど)などなど、たくさんのブースが並んでいました。その中で見つけたのがこのポニー。
DSC00775.jpg
ポニーのモリー Molly です。ハリケーンカトリーナの時にボランティアによってレスキューされ、その後運悪い事に犬に襲われて右前足を失いました。しかし、獣医さんと周囲の人々の努力でモリーは義足を作ってもらいました。

DSC00778.jpg
馬が足に傷を負う、ましてや足を失う事がどんなに大変な事か、馬と接する方ならお分かりかと思います。数百キロの体重を支える足を失う事で、他の3本の足に負担が掛かり、血流など様々な障害を招きます。実際、モリーを看た獣医さんも最初は安楽死を考えたでしょう。そんな重大な怪我を義足で乗り切ったとの事。もちろん、小型のポニーだからできた事ですが、素晴らしい奇跡的な事だと思います。

モリー Molly はその後、ボランティアで障害者の施設や病院や学校などをまわる仕事を得たそうです。同じように障害や病に苦しむ人々に勇気を与える存在になったモリー。モリー自身もあちこちの施設をまわったり、人々と会って触れ合うことを楽しんでいるそうです。

付き添っていたボランティアの方は、周りの人々にモリーをなでてくださいと勧めていました。なでてみると柔らかくてホワホワした毛並みでした。青草をほおばるのに忙しくてなかなか顔を上げて写真を撮らせてくれませんで、首を下げた写真しかありませんでした。

こんな素敵な活動をしている馬を間近で見れたのも嬉しい体験でした。

追伸:検索していたら、モリーの事は7月に日本のテレビ(奇跡体験!アンビリバボー)でも紹介されたみたいですね。ご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

馬の雑貨屋 新着商品
18 : 30 : 47 | 特集 2010世界選手権 WEG 観戦記 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。