スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
イギリスの近衛騎兵連隊 Household Cavalry
2012 / 06 / 08 ( Fri )
今年はイギリス注目イヤー。ロンドンオリンピックに先立ち、エリザベス女王の即位60周年記念式典、ダイヤモンド・ジュビリーの行事が先日盛大に開催されました。

まず、6月2日土曜日、エプソム・ダービー(英国ダービー)観戦で始まったというのが馬好きには嬉しい話題。女王の観戦するクイーンズ・スタンドには英国の名士が最上級の盛装で集まります。上流階級の社交場でもあるんですね。

3日日曜日、テムズ川の船のパレード日本で中継もありましたのでご覧になった方もいらっしゃるのでは?しかしながら船には馬の出番なし。4日はポール・マッカートニーなど多くのミュージシャンが出演してのコンサート。

そして、何と言っても馬好きが見たいのは、馬車パレード。5日に行われ、ウェストミンスターホール(Westminster Hall)からバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)までの行程で行われたそうです。

で、早速写真を探しましたが・・・王室の皆様の写真ばかりで・・・当然ですが、馬車だとか騎兵が中心の写真はほとんどありませんでした~。

仕方が無いので、過去の参考画像やら資料を貼りますので、あとはご想像下さい。

イギリスの近衛騎兵連隊(Household Cavalry:HHC)はライフガーズ Life Guards およびブルーズ・アンド・ロイヤルズ The Blues and Royals の2隊で構成されています。陸軍の所属です。ロンドン市内で騎兵の交代式が見れますが、これがその部隊です。

詳細はこちらをどうぞ
Wikipedia ライフガーズ
Wikipedia ブルーズ・アンド・ロイヤルズ

Trooping the Colour 2011 -Highlights

最初からしばらく馬・馬車関係。そのあと、少し飛ばして26分50秒ぐらいから再び馬関係。
軍旗敬礼分列式(Trooping the Colour)は毎年女王の誕生日に行われる軍隊パレード。通常6月の第二土曜日に開催されます。本当の女王の誕生日は4月21日ですが、夏に祝うのが伝統となっているそうです。
この動画は2011年のものです。

ライフガーズ軍楽隊とブルーズ・アンド・ロイヤルズ軍楽隊という金管楽器の楽隊がありまして、これがまたかっこいいのです。前の方に居る太鼓を乗せた馬がドラムホース。BREYER のモデルにもなっています。(廃番品)
65druma.jpg
ドラムホース(太鼓の馬)は手綱が騎手の鐙に繋がっています。騎手の両手は太鼓のばちを持たなくてはいけないので、足で操作しているようです。また金管楽器の騎手は長い手綱が手首に結ばれていたりします。演奏しながらしっかり馬も操作しなくてはいけないので大変だと思います。


リハーサル風景の動画 部隊の日常が垣間見えます(最初に短い広告動画あり)
Household cavalry rehearses for queen's jubilee

The Queen Commander

こちらは若かりしエリザベス女王が騎兵部隊と一緒に乗馬で行進する写真。陸軍の赤い制服にサイドサドル(横鞍)ですよ!なんと凛々しいんでしょう!

Blues and Royals

ブルーズ・アンド・ロイヤルズ の紹介
馬装のチェックも念入りに。2分0秒ぐらいのところで女性隊員発見!

おまけに、ちょっと珍しいリハーサル風景の動画 皆さん衣装が地味です(笑)
Queen's Diamond Jubilee: London witnesses dawn rehearsal for royal procession

いかがでしょうか?近衛騎兵連隊の動画を堪能していただけましたでしょうか?今回のダイヤモンド・ジュビリーのパレードでも活躍したはずです。軍楽隊が出たのかどうかは判りませんが近衛騎兵は女王の馬車の周りに配置されていました。あとは皆様のご想像で補ってくださいませ。一度 Trooping the Colour は現地に見に行きたいと思っています。

馬の雑貨屋 新着商品
13 : 45 : 00 | 馬の写真と動画 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。