馬のコスプレ
2012 / 11 / 21 ( Wed )
この時期になりますと、時々お客様から問い合わせがあります。クリスマスの馬のイベントで馬のコスプレをしたいのですが、何か衣装はありませんかと。答えは残念ながら「申し訳ございません、ございません」なんですが。

常連のお客様ならご存知と思いますが、うちの看板馬は毎年クリスマスのプチ仮装をさせられています。多分それでお問い合わせ頂くのかな~と思います。で、今日は本場ヨーロッパの仮装?いえ時代コスチュームと申しましょうか、とにかく美しい写真をご覧下さい。

DSC_3057.jpg
これはパリ郊外のシャンティイの馬の博物館で行われていたショーの写真です。当然フラッシュは焚けませんのでほとんどの写真がぶれてしまいましたが、何枚か多少はましなものがありました。

華やかなドレスと美しい馬装で、ストーリーは良くわからなかったのですが、とても楽しかったです。
この豪華な衣装をご覧下さい。

DSC_3012.jpg
スカートを馬の後に垂らしているのがポイントかもしれませんね。人の衣装と馬の衣装とを兼ねております。生地が軽々しいものではなくアンティークな感じのしっとりした美しい生地なのもポイントです。色はとても華やかなのですが、品が良く豪華に感じるのは多分生地の質感の役割が大きいんだと思います。

胸がいや頭絡の飾りもお洒落です。乗り手の衣装とコーディネートされています。

DSC_2993.jpg
一番感動したのがこの衣装!前にもブログで紹介したことがあるかもしれませんが、凄いと思いませんか?翼がまるで本物のように見えるんです。良く見ると、翼がついている位置が後ろ過ぎるし(鞍に取り付けているのかな)馬の体のバランスからすると翼が小さいのですが、そんな事は気にならないぐらいに美しくて神々しくて本物のペガサスを見たような気持ちになりました。

乗っている方の衣装はギリシャ風のドレープが美しい衣装でしたが、他の衣装に比べると作り易そうな感じです。翼の部分が再現できれば芦毛馬で是非試してみたいもんです。

馬の雑貨屋 新着商品
09 : 00 : 00 | 馬の写真と動画 | page top↑
| ホーム |